和佐隆弘の論文など - Opinions of Takahiro WASA -


by wasatakahiro
 方法の確立としてのデカルトの哲学原理は、その対象を自然に向けたとき、ガリレオの地動説という科学革命をもたらした。認識の主体としての個の確立は、イタリアに発したルネサンスとドイツやスイスでのろしを上げた宗教改革によってすでに準備されていた。この個人主義に立脚したヒューマニズムは、社会統治システムとしての政治思想に革命をもたらさずにはおかなかった。ホップスによる『リヴァイアサン』つまり近代国家の誕生である。一般にコペルニクス革命といわれる天動説から地動説への「宇宙
の中の地球」としての世界認識体系の転換は、トーマス・クーンによって”パラダイムの転換”として提起され、学問方法論に革命的衝撃を与えた。
 クーンは「科学と思想史との結合は”コペルニクス革命”の多様な構造へ接近するための必須の要件である」とし、まず、惑星の天文学の道具であったデータおよび概念をしっかり把握していなければならない、という。そのうえで「科学的概念というのは観念であり、その意味でそれらは思想史の主題である」と重要な指摘を行っ
ている。
 「技術的な科学上の資料は本質的だが、それらが機能しはじめるのは、歴史的あるいは哲学的枠組における位置が決まってからである。ひとたび位置が決まると、その原資料は科学の発展の様相、科学上の権威の性格、および科学が人間生活に影響を与えるそのやり方を示す」というのである。
 これが一九四九年以来、ハーバード大学の科学の『総合教育』コースのひとつとして行われた一連の講義から生まれた結論だという。ときに一九五七年、今から四十年も前のことである。クーンは「彼(コペルニクス)の『回転について』はおもに数式、表および図からなっているが、それを理解できたのは、新しい物理学、新しい空間概念および人間と神との関係について新しい考えを生み出すことのできる人だけだった」と。科学的概念さえもがこのように”観念”だとすれば、政治や経済を対象とする社会科学的概念は、もっともっと”観念”の要素が支配しているはずである。ケインズの
『一般理論」が”ケインズ革命”と呼ばれたのも、この意味にほかならない。

⑦以下に続く
pp.87-97, 日本及日本人(平成9年陽春号), 1997年4月
[PR]
# by wasatakahiro | 2009-03-17 21:42 | 既発表のもの